患者を診ている医者
カプセルを持っている男性

クラミジアは女性の間で感染者が増えている性病のひとつで、特に10~20代の若い年代の人の間で多く見られます。クラミジアが感染するのは、性器や尿道炎・咽頭部(のど)・眼球・直腸などの粘膜です。クラミジアの病原菌に感染すると男性と女性の両方に症状がでますが、男女ともに自覚症状がない人が多いという特徴があります。このため病気に気づかずに治療が遅れたり、知らない間に他の人にうつしてしまうケースは少なくありません。

クラミジアに感染すると、ほとんどの人は1~3週間の潜伏期間を経てから初期症状を発症します。男性の場合は尿道炎を起こし、排尿時に違和感や排尿痛などの自覚症状を感じる場合があります。ただし半数くらいは排尿痛などの自覚症状を全く感じないので、この段階で病気に気づかずに細菌が睾丸に達してしまうケースが多いようです。

女性の場合は最初に膣の奥にある子宮口で炎症が起こりますが、神経が少ない場所なので大半の人は自覚症状がありません。細菌が子宮から卵管に進み、卵管で炎症を起こす場合が多いです。この段階まで進んでも自覚症状が出にくいので、気づかない間に卵管が癒着して不妊症になってしまう恐れがあります。

クラミジアは男性と女性の両方で感染して発症するので、病気に罹っていることが判明したら自分だけでなくて性的パートナも治療が必要です。ピンポン感染の恐れがあるので、性的パートナーと一緒に治療をして完治させるまでは性交渉を控えるべきです。

クラミジアの治療方法ですが、初期の段階であれば抗菌薬(抗生物質)を服用して病原菌の増殖を抑えます。細菌が増殖をするのを阻止することで、体の免疫が体内の病原体を死滅させると完治します。治療に使用される抗菌薬はいくつかの種類がありますが、ジスロマック(アジスロマイシン)が一般的です。近年は抗生物質が効きにくい耐性菌が出現しているので、より強力なミノマイシン(ミノサイクリン)を使用する場合もあります。

国内の病院で受診して薬を処方してもらうと、先発薬のジスロマックやミノマイシンが処方されます。海外にはこれらの薬と同じ有効成分が配合されたジェネリック(後発)医薬品が販売されており、安価なジェネリック医薬品が多く用いられます。国内で薬事承認されていないジェネリック医薬品もたくさんありますが、ネット通販サイトを利用して個人輸入すれば少ない費用で入手することが可能です。

ちなみにアジスロマイシンを主成分とするジェネリック医薬品にはアジーという薬がありますし、ミノサイクリンであればディバインという薬が販売されています。
ジェネリック医薬品は先発薬と有効成分の種類・量が同じなので、基本的に効果や副作用が同じになるように作られています。
それでも有効成分が体に吸収されるスピードに違いがあるので、効き目が出るまでの時間や効き方などの点で違いがある場合があります。
また、ジェネリック医薬品のアジーは通販で購入することもできます、個人輸入を代行で行っているような通販サイトには限られてしまいますが、通院などの出費が経済的に厳しい方へはおすすめです。

抗菌薬を海外から個人輸入してクラミジアを治療する場合に、ジェネリックもあるが効果が一定しないことを理解しておく必要があります。即効性や薬の効き方が不安な方は、先発薬のジスロマックやミノマイシンを服用すると良いでしょう。

クラミジアに感染した場合、性的パートナーと一緒に抗菌薬で完治させないと再発する危険性があります。クラミジアの治療ではジスロマックが用いられるケースがありますが、何割かは治療後も細菌が残存して完治に失敗する場合があるので注意が必要です。体内のクラミジア菌を完全に死滅させるために、抗菌効果の強いテトラサイクリン系抗生物質のミノサイクリンを服用する方法があります。再発を繰り返す場合には、ミノマイシンで治療をするようにしましょう。